Advice from Chick Corea

とても興味深いものを発見したのでご紹介

世界的に有名であり、偉大なジャズピアニスト’チックコリア’からのアドバイスです
以下和訳


  1. 自分が聞こえるもののみ演奏する
  2. 何も聞こえなければ、演奏しなくて良い
  3. 体や指先を適当に動かして演奏してはいけない、意識すること
  4. 終わりなく演奏しない。何かのアイディアをもち、それを発展させるかなどして区切りをつけること。
  5. スペース、空間を意識的に作ること。休符を意識的に使う
  6. 自分のサウンドを全体になじませる。バンドの他の音や空間を聞き、全体に合わせていく
  7. もし2つ以上の楽器を演奏する場合(ドラム、2つ以上のキーボード等)それらのバランスを合わせること
  8. 自分の音楽を機械的かつパターン、癖などにしないこと。どんな音色、フレーズ、曲でも慎重に意識すること
  9. 他人の好みに任せず、自分が演奏する内容は自分の好みで決めること
  10. 様々な要素のバランスを、コントラストとともに使う。高/低、速い/遅い、大音量/小音量、緊張/緩和、高密度/低密度
  11. 他人を良く聞こえさせる演奏を心がける。全体が良くなるような演奏を考える
  12. リラックスした状態で演奏する。体の緊張を常にほぐす
  13. 空間を作り、アイディアを作り、発展させ、強調したフレーズとともに終わらせる
  14. 楽器を叩いたり、乱暴に演奏してはいけない。常に軽やかに、優雅に演奏する
  15. 空間をまず作り、そして何かを提示する
  16. コントラストをうんだり、他のプレーヤーのフレーズを発展させるために、時々真似を使ってみる

とても有益なアドバイスだと思います。チックコリア自身の演奏にもこれらのことが当に現れていると思います。

これらの内容をさらに具体的かつ実践的に生かしていく個人レッスンを行なっていますので、興味がある方はお問い合わせのページからご連絡ください

ではまた