とあるラーメン屋

友人のススメで、とあるラーメン屋に行った

都心から少し離れて、駅前にある店だった
店構えは小綺麗で、カウンター10席ほど

メニューは醤油と季節の限定メニュー、それといくつかのサイドメニュー。
とても限定的だった

食券をカウンター越しに渡すが、無愛想な店主
手際もあまり良いとは言えない様子

店内は数名しかお客がいないが、なぜか、端から詰めて座らせられる

その店は無化調の醤油ラーメンを売りにしており、いかにこだわった材料を使っているか
店内に説明を張り出していた

10分ほど経って、ラーメンが出来上がった

具はチャーシューとメンマ、ネギのみ。とてもシンプルだ

味は確かに雑味がなく、うまいとは思う。しかし、何か物足りない

現代の外食に慣れてしまっているからだとは思うが、薄味に感じる。

すぐに食べ終わり、店を出た

有名店で修行した店主だそうだ

また行くかは分からない

そういうものだと悟った