やる気が出ない時 – ジェイコブ・コリアーの場合-

(質問者)やる気がでないときはありますか?また、その時はどうやって音楽的な活動を続けているのですか?

(ジェイコブ)もちろんあるよ。なにも思いつかない時に音楽造り出すのはとても大きなチャレンジだ。君があまり慎重ではない、またはセンシティブな人物で、自分の行いが誰も楽しませることがないと分かってしまったら、完全に想像力を簡単に失ってしまうだろう。

重要なことは誰も自分がやっていることを理解していないということなんだ。音楽において、正しい道というのは存在しない。人気があるという事はそれが正しいことや、ベストであるということの証明ではなく、多くの場合消え去っていく。どんな音楽的なルールもその規格化同様、独断的なんだ。自分の道を探すべきなんだ、誰のためでもなく、自分の為に。それが全ての始まりであり、それがゴールなんだ。メディアが溢れる世界の中で、この考え方を見失ってしまうことはよくあることなんだ。

もう一つ覚えておいて欲しいことは、焦る必要はないということだ。人生において最も素晴らしい多くのことは、とてもゆっくり起こる。目まぐるしい生活に疲弊した時、私はこの”ゆっくり”という考え方に自分をおくように心がけているよ(最近はとても忙しい日々が続いてしまっているけどね)それによって、”重要なこと”や、”人生を生きるということ”を覚えておくことがより簡単になるはずだ。私にとっては、そこから本当のやる気が湧いてくるよ