現代のChopin

まずは何も言わずこれをみてほしい

言わずと知れた名曲”Moon River”を現代のChopinと言っても過言ではない天才”Jacob Collier”がアレンジし自身で歌っている

しかもさらに驚くべきことに、彼自身がこの曲の制作工程について解説した動画を公開した

音楽的な内容をここでは語らないが、正直言って彼がこの動画内で解説している内容は明らかに現代の音楽界に置いて革命的だと思う

技術的、アイディア的にみても他に例を見ない内容が含まれているし、かつそれをポップな音楽に仕上げている

2012年頃に自身で動画をYoutubeに投稿し、瞬く間に有名になった彼だが今も自分の理念のもとに進化を続けている

暗いニュースも多い音楽界であるが、今後の彼の活動には多いに注目したい


Takafumi-Suenaga-Cloud-Funding


English Lesson

konnichiwa

Nakanaka eigo ha muzukasiidesuyone

America ni 10nen hodoita watashidemo konoreberudesu.

watashiga osusume shiteiru English lesson ha eiga ya kaigai Dorama wo eigo to eigo jimaku de mirukotodesu

Hajimeha wakaranakutemo tuduketeikuto dandan wakattekuruyouni narimasu

ganbatte kudasai

dewa


現在初スタジオレコーディングCD発売に向けたクラウドファンディングを行っています
是非以下の内容を御覧ください

Takafumi-Suenaga-Cloud-Funding

音楽の価値

現在、私は初スタジオレコーディングCD制作に向けてクラウドファンディングを行なっていますが、それとは別に、昨今音楽流通の主流となりつつあるのがストリーミングサービスです

Apple Music, Spotify, Amazon Musicなど様々なサービスがあり利用されている方も多いのではないでしょうか
これらのサービスは月額料金(月千円ほど)を支払い、聴き放題というものですが、これらのサービスからアーティストに対して実際どれだけの報酬が支払われているのかを今回まとめてみました

以下がまとめになります

  • Apple Music    $0.00783 per stream
  • Google Play Music $0.00676 per stream
  • Spotify $0.00437 per stream
  • Amazon $0.00402 per stream
  • YouTube $0.0.00069 per view

仮に、とある曲が1万回再生されたとすると報酬はそれぞれ

  • Apple Music    $78.3
  • Google Play Music $67.6
  • Spotify $43.7
  • Amazon $40.2
  • YouTube $0.69

仮に一曲シングルを$5で販売していた場合、1万枚売れて$5万である

これをみて、みなさんどう考えますか

確かに便利なサービスであることは確かですが、そのツケを払うのは誰か

ちなみに余談であるがSpotifyのCEOであるDaniel Ek、彼の2017年の報酬は$4.5 million(およそ5億円)である

参考
https://www.digitalmusicnews.com/2017/12/07/spotify-2017-tax-income/


現在、初CD発売に向けたクラウドファンディングを行なっています
ぜひ以下の内容をご覧いただき、協賛をお願いいたします

Takafumi-Suenaga-Cloud-Funding

Music is Music

”自分為に演奏しているミュージシャンが音楽、そして自分自身を壊している”

”他のミュージシャンをびびらせ、また楽しませる為だけにテクニックを見せつけるような演奏はやめ、リラックスし自分のトーン(音色、サウンド)を磨け”

“うまいトランペットなんていくらでもいるが、とある子供が、自分の考えで演奏したものの方がよっぽど素晴らしい音楽だ”


ビバップ、トランスクリプション、youtube, フレーズ集,,,,,,
本当に意味があるのか、もう一度考え直してみたい


現在、初CD発売に向けたクラウドファンディングを行なっています
ぜひ以下の内容をご覧いただき、協賛をお願いいたします

Takafumi-Suenaga-Cloud-Funding

Comune

こんなこと言うのは一千年早いと先輩達に言われるのは十分承知して少し語っていきたいと思う

世界に目を向けると自分より素晴らしい人は常におり、また才能溢れる若手も次々現れる音楽界。そんな中でみんな自分の居場所や方向性を模索しながら日々活動しているのだとおもう

しかし、ジャズのような比較的小さいコミュニティの中で活動していく中で一つ考えておきたいのは、自分の行動が与える影響である
テレビや大きなジャズフェスなどで取り上げられるビッグスター(昨今では少ないですが)の影響力が大きいのはもちろんのことだが、自分では意識はないつもりでも、以外に自分に影響を受けたと言ってくれる人はいるものである

そんな人たちがいる中で自分の些細なことが周りに与える影響、そしてその延長線上にはコミュニティ全体があり、なんとなく長年続けていきたことや、目先のことだけ、先輩がやっているからなど、もう一度考え直してみるべきことはあるのではないだろうか

幸い、今日ではインターネットのおかげで世界の情報がいつでもリアルタイムに手に入る。小さなコミュニティだけでまかり通っていた悪しき習慣などは見直される時代になった

以前とある人と話をしていた時、「ジャズは好きだけど、ジャズクラブとそこにいる人は苦手」と言われたことがある

そんなことが言われないようなコミュニティになることを目指したい

ジャズミュージシャンという職業の終わり

一般的にジャズはニューオリンズで生まれ、ニューヨークで発展し、世界に広がったと言われています。日本はその中でも世界に稀に見るジャズ大国であることは間違い無いでしょう。

ジャズクラブはほぼ全国にあり、レストランやカフェなど至る所でジャズがBGMとして流されています

昨今では演奏に興味をもち、ジャムセッションなどに参加する方も多いのでは無いでしょうか

日本において、これほどジャズが広がったのにはいくつか理由があると思います

  • 進駐米軍の影響
  • 高度経済成長期であった日本が多くのジャズフェスなどを企画
  • 文化的な親和性

以上のことのほかにも多々理由はあると思います

その最盛期、キャバレーやダンスホール等ではビッグバンドが頻繁に演奏されていたと言います。多くの素晴らしい日本人ジャズミュージシャンが輩出された理由の一つだと思います。

その流れを汲んで、それ以降留学や海外で経験を得たミュージシャンなども増え始め、更に日本のジャズシーンは発展していきました

しかし、2019年現在、ジャズバブルは完全になくなりました
ジャズはアートフォームとしての価値を保ち続けていますが、職業ではなくなりました

音楽自体も観客を楽しませるための音楽から、よりアーティスティックな方向に向かっていると思います、もちろん例外はありますが

一見ひとくくりにされているミュージシャンの中にも、様々な違いが生まれているように思えます


世代間格差、価値観の違い、習慣の違いなど理由は様々ですが、お互い理解し合えるような環境ができると、新しい未来が生まれるような気がします